冬篭り

2013-12-15 (日)
- 或る日常の風景

職場の冬は、ここが東京都とは思えないほど辛く厳しい。
聞くところによると近隣の某学校の副校長になると、あまりの厳しい環境(寒いという意味で)に、寿命が縮むとかなんとか……。

今年異動してきたばかりで、まだ本格的な冬は体験していないのだが、ここ2,3日の冷え込み具合から想像するに

……とても耐えられそうにない。

つい先日は坂道が凍ってしまっていて「なんでここに手すりが設置してあるのだろう」と以前からの疑問が解消した。
校庭は永久凍土の季節を迎えた。
校庭が凍っている間だけ部活動ができる。太陽が昇って少しでも温まると氷が融けて、ぐちゃぐちゃになり使い物にならなくなる。

職場の同僚が口にしている合言葉がある。

「防寒着には金に糸目をつけてはならない」

……なるほど。

寒がりの自分も前の職場では1~2月はタイツに靴下2枚履き、さらにアンダーシャツ2枚重ねで凌いできたが、今の職場ではすでにその状態。 もはやこれ以上着るものがない。

贔屓にしているわけではないだろうが、学校によく出入りしているスポーツ用品の業者がいる。
そこの店が年1回のバーゲンをする。一般向けのバーゲンは土日なのだが、お得意様向けに前日と前々日に先行開催するらしい。 案内のはがきが机の上に置いてあったので、金曜日に連れて行ってもらった。

特設会場のプレハブ小屋にシューズやジャージが所狭しと並べて置いてあった。
そこにブローカーのように鋭い目を光らせる同じ臭いのする客たち。
……大半が教員なのだろう。
2階建てのプレハブのために天井がギシギシ音を立ている様子が怪しい闇取引会場を連想する。

そこで合言葉通り、金に糸目をつけずジャージを購入。かなり高価だったがしょうがない。
mizunoのブレスサーモ搭載のウォーマー。"ブレスサーモ"という言葉がいかにも暖かそうだ。
そして昨日、早速それを着て部活に行ったのだが、かなり暖かい。極寒の中1日中外に出ていたのだが、耐えることができた。
すばらしい。さすがmizuno。ありがとう。

今日は手袋を買いに行った。
いつもはスーパーで購入した500円ぐらいの手袋を使っていたのだが、手袋をしていても手が冷え切って全く機能しない。
そこで奮発して8,000円のスキー用の手袋を購入。手袋ではない。もはやグローブだ。
……これで暖かくない訳がない。

いよいよ本格的な冬到来。
どこまで耐えられるのだろうか。

(ミズノ アスレチック)MIZUNO ATHLETIC ウォーマーシャツ A60JF252 A60JF252

B00961OCUS
MIZUNO ATHLETIC(ミズノ アスレチック) 2012-09-03
売り上げランキング : 64213

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

コメント投稿

お名前
URL /
メールアドレス
(オプション)
コメント
今年の西暦

この記事のリンク用URL&トラックバックURL

http://xinn.mydns.jp/snapblog/diary/20131215_01.htm

archives & comments

Month

Comments