塾不要論

2014-06-26 (木)
- 素人思考

中学2年生ぐらいになってくると塾へ通い出す連中が増えてくる。
友達が塾へ行き出すと、不安になって次々と塾へ行きだすという塾連鎖。

自分自身、家が貧しかったということもあり中学・高校時代は塾へ行かなかった。
塾(予備校)へ行ったのは、大学受験に全て失敗して浪人が決まってから。

そんな自分の経験から少なくとも中学時代は塾はいらないんじゃないかと考えている。
「世の中には勉強ができない人間もいるんだ」というお叱りの声は知っているが、果たして塾に行く必要はあるのだろうか。

少し考えてみた。

高校入試と塾

そもそも根本にあるのが、塾に月謝を払うなんて金をドブに捨てるようなもの。
むしろその月謝代を貯金して私立高校の学費にでも充てた方がよっぽどマシじゃないか。という発想がある。

学校で進路指導をしていて一番困るのが「ウチはお金がありません」といって私立高校の併願を蹴って都立高校一本に絞る家。
そんな家ほど塾に通わせていたのに結局、成果が上がりませんでした……そんなケースが多い。

東京都や神奈川県では私立高校に関しては「単願」「併願優遇」という入試制度がある。
つまりその高校の基準(内申点)に達していれば筆記試験なし、あるいは形だけで合格が決まるという制度。

都立高校は「推薦入試」「一般入試」とあるが、定員調整を行っていないので推薦入試なんて倍率が跳ね上がって受からないわ、 一般入試もリスクを考えると一本というのは危なさすぎる。

都立一本で失敗した場合はどんな運命が待ち受けているか。
「(不本意な)私立高校の2次募集」「都立定時制」「通信制高校」「サポート校」「浪人」のどれか。

結局私立に行くのだったら、始めから私立の併願を抑えておけば良かったはずだし、「都立定時制」「通信制高校」なんてまず続かない。
「サポート校」は営利企業だから私立以上に学費はかかるし「浪人」は、まず選択肢にない。

不合格になって初めて夢から覚めるんだ。

また、都立一本受験のリスクを理解して志望校を下げて受験してくれれば、まだ少しは安心できるものの塾の進路指導は滅茶苦茶で「それ可能性低いだろ」という高校を平気で「大丈夫ですよ」と押してくる。

不合格だった場合に塾がケツ持って面倒みてくれれば自由にしてもらって一向に構わないのだが、結局最後は学校に泣きついてくる。
もちろん合格すれば塾の宣伝材料になって塾がウハウハするだけ。

塾なんて百害あって一利なしではないか。

塾が求めるもの

塾はこれでもかというぐらい宿題を出してくる。
生徒は必死になって塾の宿題に追われる。やらないと怒られるからだ。

塾から帰ってくれば夜10時前か。ご飯食べて風呂に入って……それから宿題をやるのか。
できるわけがないだろう。
当然、翌日に持ち越される。

生徒は追い込まれる。
あろうことか授業中にコソコソと塾の宿題をやったりするのだ。
中3になるとこの傾向が強くなる。

いったい高校入試の材料となる内申点(通知表)をつけるのは誰なのか。塾の講師がつけるのか。
学校で授業を聞かずに塾の宿題をやる……そんな本末転倒なことが平気で起こる。

そもそも。
塾が宿題を出すのはおかしくないか。

今日電車で見かけた某塾の広告。

某塾の広告
fig.この塾の広告は面白い

大切なのは「賞味期限の短い学力」ではなくて、その右側の小さい文字だ。

某塾の広告
fig.考えてみれば突っ込み所満載

試験のたびに一夜漬けでは、学力は身につきません。学年が上がるごとに難しくなっていく 学習内容に追いつかなくなります。学力を定着させるには、低学年からの家庭学習の習慣が欠かせません。

某塾の車内広告より

内容は間違っていないのだが……。
最近、保護者からこんな話を聞く。「塾でもよく言われます。"家庭学習"が大切だと」

でも、よく考えてみれば塾が言うセリフではないだろう。

そもそも高い金を払って塾に行かせる目的は何ですか?
お宅のお子さんが家で勉強しないから塾に行かせるのではないのですか。

その塾が さも平気な顔をして「家庭学習を大切に」だと。厚顔無恥とはこのことか。
仮にも"塾"を名乗るのであれば、塾の時間内で成績を上げさせろよ。

塾が宿題を出すなんて言語道断ではなかろうか。

archives & comments

Month

Comments