Category:Home (Total 366 items)

« 6-10 | 1-5

素人でもできるHHKB(Lite)の清掃

2020-05-06 (水)
- 素人思考

君はHHKBを知っているか?

最近はパソコンと言えばノートパソコンが主流なので、キーボードなんてノートPCについているものを「使いづらいなぁ…」などと文句を言いながら、 使っている人がほとんどだと思います。

ノートPCが主流になる前は、デスクトップPCと呼ばれるタワーのような巨大本体が鎮座したPCが一般的だったのですが、その時にはキーボードは 自分で選んで買う部品でした。
文字を打ち込むキーボードという代物は、それこそ様々な工夫を凝らした商品が発売されていて、PCショップを巡るときにキーボードを眺めるだけでも 楽しいものでした。

そんな百花繚乱なキーボード業界の中にHHKB(Happy Hacking Keyboard)という商品がありました。
指が届く範囲に必要最低限の個数しか配置されていないキー。徹底的にこだわった打鍵感。そして強気の価格(笑)

アメリカ西部のカウボーイたちは、馬が死ぬと馬はそこに残していくが、どんなに砂漠を歩こうとも、鞍は自分で担いで往く。

馬は消耗品であり、鞍は自分の体に馴染んだインタフェースだからだ。

いまやパソコンは消耗品であり、キーボードは大切な、生涯使えるインタフェースであることを忘れてはいけない。

東京大学名誉教授 和田英一

HHKB Webサイトより

まさにその通りだ!

ある雑誌には「このキーボードはじゃじゃ馬で使いこなすのは難しい。だが、一度使いこなせばフェラーリのような乗り心地」と書いてあったような 記憶がある。

そんな最高級キーボード。お値段は当時25,000円。

一流のシステムエンジニアを目指すのだったら、キーボードにはこだわらなければならない!(←洗脳)
だが、さすがに25,000円という価格に恐れおののいた。だがそんなHHKBにも廉価版のHHKB Lite(*)があることを知り一念発起して購入。(お値段7,800円)

(*)ちなみにHHKB Liteはとうの昔に生産中止(2001年3月)となっていて、今さら持っている人もほとんどいないと思われます。

……あれから20年。
カウボーイの鞍の例に違わず、今でも現役として活躍中。しかし、さすがに汚れてきました。

今年の1月中旬から始まったコロナコロナの大騒ぎ。仕事は在宅勤務になり外出は自粛。今までの過労死寸前生活が嘘のよう。
突然時間が出来たので、今がチャンスとばかりに15年来の垢を落とすことにしました。
インターネットで調べてみたら、HHKB Liteの分解清掃も自分で出来そうだったので、試しにやってみました。

[ 続きを読む ]

素人思考 コメント ( 0 ) トラックバック ( 0 )

この記事のリンク元 3 2 1 1

素人でもできる自転車のブレーキレバー交換

2019-03-27 (水)
- 素人思考

自転車のブレーキレバーを握っても、ブレーキの効きが悪くなってきた。
ブレーキのゴムが磨り減っているのだろうと簡単に予想できたが、交換するのも面倒臭い。また悪い癖で騙し騙し使ってきた(←危険)。

ある日、自転車のタイヤが派手な音を立ててパンクしてしまった。
簡単なパンクなら自力で直してきたが、派手な音を立てたのは初めて。これはもう駄目だろうとタイヤごと交換してもらおうと自転車屋に持っていくことにした。 そのついでにブレーキ用シューも交換してもらおうと考えていたのだ。

ところが。
自転車屋は私の自転車を一瞥するなり「これはまずいですね…」と言い放った。
タイヤの交換はいざ知らず、ブレーキに関してはブレーキのゴムの問題ではなく、ブレーキレバーがそもそもイカれており大変危険な状態なのだとか。 ブレーキ関連の部品を全て(+ギアの部品)取り外し、ブレーキのワイヤーから何やら全て交換しなければならない。

前後のタイヤとブレーキ回り全て修理すると、27,000円~30,000円という見積もりを提示された。

予想外の金額に激しく狼狽した。
10年乗り続けた愛車ではあるが、いくらなんでも3まんえんとは…。新車が1台購入できる金額ではないか。
ブレーキは保安部品であるため、ブレーキ用ゴムだけ交換してもらう交渉は不調に終わり、結局前後のタイヤだけ交換してもらうだけ(*)にしたのだった。

(*)返ってきた自転車に乗ってみたらブレーキワイヤーの調整もしてくれていたようで、ブレーキの効きが少し良くなっていました。ありがとう。サイクルベースあさひ

インターネットで調べてみるとブレーキレバーも自分で交換出来そうだったので、試しにやってみました。

[ 続きを読む ]

素人思考 コメント ( 0 ) トラックバック ( 0 )

この記事のリンク元 8 8 2 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1

流行り病

2018-01-19 (金)
- 或る日常の風景

どうも風邪をこじらせてしまったらしい。
2日前ぐらいから咳が出だし、止まらなくなった。

そうこうするうちに昨日あたりから体が熱くなり、気怠くなってきた。
仕事もどうもやる気が起きない。
授業をしている最中は、気が張っているので乗り切れるものの、空き時間となるともうだめだ。

熱っぽい。
あきらかに風邪の症状である。

[ 続きを読む ]

或る日常の風景 コメント ( 0 ) トラックバック ( 0 )

この記事のリンク元 13 12 3 2 2 2 1 1 1 1 1 1 1 1 1

成人式前夜

2018-01-07 (日)
- 或る日常の風景/学級日誌

明日は成人の日。
これまではニュースなどで"荒れる成人式"と取り沙汰されるのを知り、趣旨が理解できない集いであれば廃止してしまえ!と密かに怒りを感じながらも、 全くの他人事であったが、今年はそうはいかない切実な事情があった。

教員になって初めて担任をした生徒たちが成人を迎えるのだ。
5年の歳月は短いようで、やはり長いものだと、成人の日を明日に控えて今の心境を残そうと思う。

[ 続きを読む ]

或る日常の風景/学級日誌 コメント ( 0 ) トラックバック ( 0 )

この記事のリンク元 6 4 3 2 2 1 1 1 1 1 1 1 1

ニセおせち

2018-01-05 (金)
- 或る日常の風景

正月と言えば"おせち料理"が定番だろう。
最近では食べない家庭も多いと聞くが、おせち料理は古来からの日本の文化。大切にしたいものだ。

昔はそれぞれの家庭で、おせち料理を作っていたらしいが、最近の"過労死する国 ニッポン"においてはとてもそんな暇はない。
年末ギリギリまで出勤日が設定されており、どこぞの高級おせち料理を予約して(*)正月に味わうのが関の山。

(*)とは言え2011年にはスカスカおせち事件なる騒動もあり、 やはり信頼できる店から購入するのが一番かと。

あるいはそんな高級な店で予約しなくとも、スーパーに行けば「おせちコーナー」なるブースがあり、手軽におせち料理を味わうことができるわけだ。

ところがである。
どういうことか庶民の味方であるスーパーですら、おせち料理にありえない価格を設定している。
超狭いプラスチックお重に、栗きんとん・黒豆・カマボコ・田作りが申し訳程度に入ったもので1,080円とか。ふざけているとしか思えない。

まるでお盆の時期に跳ね上がる旅行代金のようなものだ。
ちくしょう。客の足元見やがって。高価な料金で儲けようと企む悪の秘密結社め。日本文化を破壊する文化大革命を煽動しているに違いない。

だが、ふと考えた。
直前になって慌てるから足元を見られるのだ。慌てる乞食は貰いが少ないとはよく言ったもの。
もっと以前から準備していればこんな怒りを覚えなくてすむのではないかと。

[ 続きを読む ]

或る日常の風景 コメント ( 0 ) トラックバック ( 0 )

この記事のリンク元 12 2 2 2 2 1 1 1 1 1 1 1 1 1

archives & comments

Month

Comments