点検商法コレ如何に

2012-01-22 (日)
- 或る日常の風景

現在入居しているマンションはJ:COMに加入している。 マンション(正確には大家だが)が加入しているだけであって、私は加入していない。

テレビをつければ、J:COMショップチャンネルだとか、わけのわからん通販番組が番組表に追加されているのだが、 見ても面白いわけでもないので放置していて別に害があるわけでもない。勝手にやってくれという感じ。

ところがこのJ:COMが時々入れてくる案内がたまらない。
「電波測定検査のため伺いたいので、空いている曜日を教えろ」
というもの。

詳しいことはよく分からないが平日はクソ忙しくて夜遅いし、土日は部活だ なんだと家にいないので無視していたら やがて音沙汰なくなった。

……検査やらなくいいのか?

そんな年末、またチラシが入った。

インターネット設備の標準化に伴う宅内作業とJ:COMサービスのご案内に関するお知らせ

この度、こちらの建物はオーナーさまのご意向により、インターネットがお楽しみいただけるプランを導入することとなり、 全室対象にインターネット専用モデムを設置する運びとなりました。
また、同時にお持ちのテレビで双方向機能(防犯情報、地域情報、J:COMオンデマンド(*1))が利用できる専用機器も設置いたします。

(後略)

*1「J:COMオンデマンド」とは、レンタルビデオを借りるように、ご自宅のテレビで見たい番組をいつでも楽しめる最先端の ビデオオンデマンドサービスです。一部有料のコンテンツもございます。

というもの。マンション管理会社と連名であるし、作業に伴う入居者の費用は無料だし、そして何よりも "インターネットがお楽しみいただけるプラン"というのが気になった。

……神オーナーのご威光で、ムフフ番組をタダで拝ませてくれるのか!

そんな邪な考えが全くないと言えば嘘になるが、そんなこんなで休日にアポを取ったわけだ。

その日、担当者から連絡があった。あと10分ぐらいで伺いたいが良いかという内容。
待ってました!エロ番組(屮゜Д゜)屮カモーン

作業員とおぼしき人間とJ:COM担当者の2人でやってきた。
残念ながら部屋は全く片付けていないため腐海に没しているわけだが、電話をもらってからの10分間で神がかり的な片付け(荷物を端に追いやっただけ) スキルにより客を迎える準備は万端だ。

作業員が作業を開始している間、担当者が今回の意義について説明を始めた。
オーナーにとって如何に楽なことであるか、また入居者(=私)にとってどんなメリットがあるのか。 ふんふんと話を聞いておく。

「ところで」担当者が口を開く。
番組視聴のアンケートを取りたいのだが良いかと聞く。OKすると、おもむろにファイルを私の前に広げてきた。
「こちらのジャンルの中で興味あるジャンルを3つ挙げると、どれになりますか?」

見ると映画だの音楽だのアニメ、どこかで見たことあるようなジャンルが10ぐらいあった。
「そうですねぇ……」
ここで答えたのは、

ニュース、ドキュメンタリー、教養

あらためて活字に起こしてみると、なんともカタブツな人間に思えてくる。しかし本当なのだからしょうがない。
担当者も若干固まっていたぞw

「……もし再放送して欲しい番組などありましたら…」

NHKスペシャル

渾身の回答はあっさりスルーされたw
しかし、このとき実は相手の営業トークに乗せられていることに全く気づいていなかったのだ。

担当者は私が答えた興味あるジャンルに沿って話を進めてきた。
CNNとかディスカバリーチャンネルとかヒストリーチャンネルなどありまして……うんぬん。

まさかこれらの番組が無料で見られるのか!さすが神様、仏様、オーナー様だ。もう一生足向けて寝られませんわ。

「では、設置する専用機器についてご説明させていただきます」
なんでも2タイプあって、ただ視聴するだけのタイプと録画できるタイプ。
……正常な思考の持ち主であれば、録画できるタイプを選ぶと思うのだが。なぜわざわざ選ばせるのか。

どうやら設置する機器のタイプによって4つのプランに分かれるらしい。
はて、4つのプラン?
「まず地デジとBS,CSが見られるタイプで3千いくら。録画できる機器で4千いくら。地デジとBS,CSに加えてオプションチャンネル見放題で7千いくら……とか、なんとか」

いや、ちょっと待て待て待て待て。
なぜここで金の話が出てくるのか。神様、仏様、オーナー様ではないのか。そのお金はどなたが払うのですか?
結局ディスカバリーナントカとかCNNとか有料だったのかよ!

「ほとんどのお客様は3千いくらか、4千いくらのコースを選択されます。ですが、こちらとしては、できれば見放題7千いくらのコースをお願いしたいのですが、 あまり言ってしまうと、ちょっとね……いやらしい話になってしまいますので」

その前に、あんたはどれほど厚かましいんだ。
また"ほとんどのお客様は3千いくらか、4千いくらのコースを選択されます。"の言葉にカチンときた。

(ビタ一文払ってやるもんか)
問答無用でプラン4の0円コースを指してやった。担当者は「……そうですか」と残念そうだったが、すごすごと引き下がった。ざまぁみろ。
担当者はインターネットのプランも紹介していた。乗り換えるのには確かに魅力的な値段だったが、こちらは検討すると言って追い払った。

後で調べてみれば点検商法というのがあるらしい。
確かに玄関先で勧誘するより、宅内に入ったほうが営業成功率は高いだろう。よく考えるわ。

しかもJ:COMオンデマンドってなんだよ。
"一部有料のコンテンツ"じゃなくて、"一部無料のコンテンツ"の方が日本語として正しいじゃないか!

おかげでいい勉強になった。BSも見られるようになったし。
そして今後J:COMのチラシはゴミ箱直行だ。

コメント投稿

お名前
URL /
メールアドレス
(オプション)
コメント
今年の西暦

コメント一覧

大変参考になりました。
ウチの場合は管理会社の名前すら出ず、(部屋番号)様と書かれた封筒がポストに刺さっているのみです。
怪しさ満点のJ:COMに、今度”貴重なご意見”を提出しようと思います。

1. posted by motty

この記事のリンク用URL&トラックバックURL

http://xinn.mydns.jp/snapblog/diary/20120122_01.htm

archives & comments

Month

Comments