朝焼け

2014-12-02 (火)
- 或る日常の風景

職場近くの山から見えた朝焼け。

朝焼け fig.朝焼け

街が夜の眠りから目覚め始め、今日も始まるなという空気がそれとなく感じられる、この数十分間。
あまりにも美しかったので、思わず足を止め見とれてしまった。

けれど……。
なんで自分はこんなに朝早く出勤してんだ!?

これぐらいの時間に出勤しないと仕事が終わらないという……。
仕事の遅い人間はいつまで経っても楽にならざりき。

コメント投稿

お名前
URL /
メールアドレス
(オプション)
コメント
今年の西暦

この記事のリンク用URL&トラックバックURL

http://xinn.mydns.jp/snapblog/diary/20141202_01.htm

archives & comments

Month

Comments